ドラゴン桜2を読んでやる気をもらった

知っている方も多いであろう「ドラゴン桜」のシーズン2を描いた漫画です。

今回も東大受験を目指す高校生が主人公です。

私自身は国立大学を目指しながらも受験で大失敗をした苦い経験があるので、自分が受験生の時に「ドラゴン桜」シリーズを読みたかったな…と感じます。

ちょうど今、TBSで日曜の夜9時から、ドラマもやってるようです。

(私は家にテレビがないのでリアルタイムでは見られませんが、TVerで7日間は無料で観れます!いい時代だ♪)

このシーズン2は前作と何が違うかというと、ITの力をものすごく活用しています。

根性論ではなく、いかに効率よく勉強ができるかを指南してくれています。

例えば、英語の勉強のために主人公の2人は日課を決められます。

1人は「YouTube」に、英語で話す様子を毎日動画を投稿すること、もう1人は帰国子女になりきって「Twitter」を毎日投稿すること。

他にも「スタディサプリ」というアプリを使った勉強法など、今どきなやり方にわくわくしました。(受験生じゃないけど)

もちろん従来の過去問をひたすら解くといった方法も健在です。

で、私は36歳のビジネスマンですが、なにをやる気になったのか…という話ですが、「努力すること」=「継続すること」の大切さを改めて実感し、最近そういう「ハッとする体験」があまりなかったので、衝撃があったんです。

結局、自分自身を成長させるには「継続すること」「挑戦すること」、この2つがすごく重要だなと感じたわけです。

ときどき読み返したい、自分のエネルギーチャージができる漫画でした。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる