Gardening on the balcony

メディカルハーブとは?

ハーブは人の生活に役立つ植物の総称です。
「薬草」や「香草」と邦訳され、料理をはじめとして日常生活のさまざまな分野で活用されています。
その中で、ハーブに含まれている成分を健康維持のために使おうとする分野で、薬用植物(メディカルハーブ)そのものを示す場合もあります。

健康管理や病気の予防、治療を行うときに、人の体にもともと備わっている自然治癒力を利用するという共通点があります。
これを「自然療法(ナチュロバシー)」と呼び、メディカルハーブもその一分野にあたります。

近代医学の薬が単一成分なのに対して、メディカルハーブには非常に多くの成分が含まれています。
これは、作用が穏やかで、一点集中ではなく全身に作用することにつながります。多くの成分がバランスよく働くからです。
含まれている成分の量自体も医薬品に比べると格段に少ないため、副作用など有害な作用の心配が少ないのが特徴です。

つまり植物の持つ薬効を期待してハーブを使用する場合、特にメディカルハーブと呼ぶようです。

photo by: suzettesuzette

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です