file4961243781199

ハーブ(herb)は、「草」を意味するラテン語: herba に由来する言葉。

一般にハーブという場合、特にヨーロッパで薬用の薬草やスパイス等として有用な植物を指す。
野菜や穀物のように大量に生産される物や、「花卉」と呼ばれる観賞植物は除外されるのが普通で
香りや辛味、苦味などの風味を楽しむために少量用いられるキッチンハーブを指すことが多い。
劇薬として有用なものをも含むため、いわゆる有毒植物もハーブに含まれ、使用や栽培に許可が必要なものもある。

語源からすると、元々木本植物は有用植物ではあってもハーブではなかったと思われるが、
現在ではローズマリーやローリエ等、木本植物であっても、一般にハーブとして扱われる物も多い。
またヨーロッパとは関係がなくても、薬用や調味用に小量使われる草もハーブと呼ばれている。

また、ローズヒップ(バラの果実)の様に、植物全体としては通常ハーブには含まれないが、
その実や花弁等の有用部分のみを指してハーブと呼ぶようなものもある。

更に、一般的な植物名とは別に、ハーブ等として利用する時に使用される固有の名前を持つものも多い。

■ハーブの利用法

・食用として利用できるもの。
・食べられないが香りを利用できるもの。
・両方を利用できるもの。
・香り以外の非食用用途のもの

いずれも、利用する事で、大なり小なり薬効を得られるとされている事が多い。
しかし、特に薬用と謳われるハーブの中には、毒性が強く、
用法や量を誤ると深刻な中毒症状を引き起こすものもあるので利用には注意が必要である。

ハーブはまた食材として味付け、香り付けにも使われたり、お茶(ハーブティ)として使われたりする。
香りを利用する方法としてはポプリや精油等としての利用がある。
香りの持つ薬効も知られており、現在ではアロマテラピーの中で利用されたりする。

■注意事項
ハーブには薬効の強いものがある。
日本においてハーブは、薬事法で医薬品に分類されないものは食品に区分されて市販されている。

(以上、wikipediaより)

wikipediaでは上記のように記載れていますが
自然に存在している植物(野菜等も含む)すべてハーブと言っても個人的には良いかなと思っています。

最近だとコーン茶やごぼう茶なども出ていますし、
どんな植物にも効能は(害も含めて)あるはず。

小さい頃庭に咲いていたサルビアの蜜を吸いましたが
あれだってハーブととれるのではないかなと。

私はあまり定義にこだわらずに身近な「食材」(加工していないもの)を含めて
ハーブと解釈し、ここに記事を書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です